アクレケア リプロスキン

アクレケアとリプロスキン、どっちがいいの??

 

ニキビ跡のケアで有名な商品といえば、アクレケアとリプロスキン
ありますが、これからどちらを購入しようか悩んでいる人って多いと思うんですよね。

 

最初に、どちらがいいのか言ってしまうと、実はアクレケア、リプロスキンにはそれぞれ特徴があって、ニキビの種類によって使い分けることがとても重要なんです。

 

ですので、ここでは、

 

・アクレケア、リプロスキンがどのタイプのニキビ跡に効果があるのか?

 

・値段や、内容はどのくらい違うのか??

 

上記の観点から、この2つを徹底比較したいと思います!

 

この記事を読んで、あなたの購入の手助けとなればと思いますので、ぜひ参考にして下さいね^^

 

  アクレケア リプロスキン
種類 美容液 化粧水
通常値段 8000円 5600円
定期購入値段 初回:4500円(44%オフ)

 

2回目以降:4500円

初回:2240円(66%オフ)

 

2回目以降:4980円

解約 4回購入後 4回購入後
4回の合計値段 18000円 17180円
容量 30ml (1か月分) 100ml (1か月分)
送料 なし なし
返金保証 なし 60日間
臭い 無臭 バラの香り
成分 アルブチングリチルリチン酸2K、精製水、チューベロースポリサッカロイド液、水解卵殻膜、カムカムエキス、ヒアルロン酸Na-2 、カモミラエキス-1、茶エキス-1 POE(10)メチルグルコシド、BG、キサンタンガム、1,2-ペンタンジオール、濃グリセリンジカプリン酸ネオペンチルグリコール、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、POE(60)水添ヒマシ油、ヒドロキシエタンジホスホン酸液水酸化Na、メチルパラベン無水エタノール グリチルリチン酸ジカリウム・水溶性プラセンタエキス水溶性コラーゲン液-4・加水分解コラーゲン末・ヒアルロン酸Na-2 ・加水分解ヒアルロン酸 ・アロエエキス-2 ・ゼニアオイエキス ・海藻エキス-1 ・大豆エキス ・ワルテリアインディカ葉エキス ・デキストリン ・酵母エキス-4 ・米ヌカスフィンゴ糖脂質 ・D-マンニット ・濃グリセリン ・水添卵黄レシチン ・卵黄リゾホスファチジルコリン ・リン酸3Na ・無水クエン酸 ・グルコン酸Na ・クエン酸 ・クエン酸Na ・POE水添ヒマシ油 ・フェルラ酸 ・BG ・1,2-ペンタンジオール ・フェノキシエタノール ・ソルビン酸K ・精製水 ・香料
効果のあるニキビタイプ ・凹凸ニキビ跡(クレーターニキビ)

 

・赤いニキビ跡

 

・茶色いニキビ跡

・赤いニキビ跡

 

・凹凸ニキビ跡(クレーターニキビ)

支払方法 ・クレジットカード

 

・代金引換(手数料400円)

 

・後払い(コンビニ・郵便局・銀行振り込み)

・クレジットカード

 

・代金引換

 

・後払い(コンビニ・郵便局・銀行振り込み)

メリット ・定期購入だと、毎回通常価格の半額で購入できる

 

・長く使うと、リプロスキンより割安になる

・60日間の返金保証がある

 

・サポート体制がしっかりしている

デメリット

・返金保証がない

 

・容量が少ない

 

・販売している会社の認知度が低い

・長く使うと、アクレケアより少し高い

 

・容器にオシャレ感がない

公式サイト アクレケア 公式サイト リプロスキン 公式サイト

 

 

【比較@】商品

 

 

アクレケアは美容液で、リプロスキンは化粧水という分類になります。

 

>>>美容液と化粧水の違いについてはこちらを参考にしてください。

 

使い方についてはほとんど変わりありませんし、リプロスキン、アクレケアともに液体になっています。

 

匂いについては、アクレケアは無臭、リプロスキンはバラの匂いでリラックス効果もあります。

 

 

【比較A】値段

 

 

通常値段では、アクレケアの方がダントツで高くなっていますが、定期購入だと
ほとんど変わりがなくなります。

 

4回の合計では、アクレケアが18000円。リプロスキンが17180円と本当に僅差になっています。

 

ただ、2回目以降は、500円程リプロスキンが高くなります。

 

1年で換算すると、6000円程リプロスキンの方が高くなります。

 

 

【比較B】容量

 

 

こちらは、圧倒的にリプロスキンの方がコスパ高しで、アクレケアの約3倍の容量があります。

 

ただ、どちらもこの容量で、1か月持つので、違いは「1回に使える量」です。

 

アクレケアは1回に使える量がリプロスキンに比べて少ないですが、少ない容量でも効果があるのが特徴です。

 

 

【比較C】解約、返金保証

 

 

定期購入には、「購入回数の縛り」がある商品があります。

 

ちなみにアクレケア、リプロスキンともに購入回数の縛りがあって、定期購入の
場合は4回の継続購入が約束
となっています。

 

解約に関しては、4回の購入後に解約ができます。

 

この定期購入と解約については、両者全く変わりがありません。

 

返金保証については、リプロスキンのみ「60日間の返金保証」がついています。

 

お肌に合わなかった時などは、この返金保証が使えるので、安心して購入することができます。

 

気をつけて欲しいのが、60日を1日でも過ぎると、返金保証が使えなくなります。
余裕を持って、連絡することをお勧めします。

 

 

【比較D】サポート体制

 

 

リプロスキンには、「オンリーワンサポート」という独自のサービスがあります。
これはスキンケアアドバイザーがお肌の相談に乗っていくれるというサービスです。

 

一方、アクレケアはこのようなサービスがありません。

 

 

【比較E】成分

 

 

アクレケアは、月下香エキス、カムカム、卵殻膜、カモミラエキスといった肌に潤いを持たせる成分と、デコボコ肌を整える成分が入っているので、しっかりとお肌を潤いベールで包んでくれます。

 

一方、リプロスキンはお肌に潤いを与える、ヒアルロン酸、コラーゲン、アロエエキスが配合されていて、お肌しっかり保湿してくれます。

 

また、ニキビの炎症を抑えてくれるグリチルリチン酸ジカリウムを配合しているのでニキビ予防もしっかりとできるのが特徴です。

 

 

【比較F】どのニキビ跡に効果があるのか

 

 

アクレケア

リプロスキン

凹凸ニキビ跡

赤いニキビ

茶色いニキビ

 

どのニキビに効果があるのか、それぞれに違いがあります。

 

アクレケアは、デコボコ肌、クレーターになっているお肌を綺麗に整えるのが特徴です。

 

一方、リプロスキンは赤ニキビに高い効果を発揮します。

 

こちらもそれぞれ効果に違いがあるので、どちらがいいというわけではなく、それぞれのタイプに沿って、違いがあります。

 

 

アクレケアがおすすめの人

 

アクレケアは、クレーター肌、凹凸ニキビ跡ができている人、茶色ニキビができている人向けの美容液です。

 

通常値段は、決して安いとは言えませんが、定期購入だと半額並みにまで下がるので、購入のハードルはかなり下がります。

 

デメリットは返金保証がない所。

 

返金保証がなければ、安心して購入できないという人にはお勧めできませんが、その分@コスメでもかなり高い口コミ評価をアクレケアは受けているので、返金保証がなくても安心して購入できる美容液です。

 

 

↓アクレケア限定キャンペーンサイトはこちら↓

 



 

 

リプロスキンがお勧めの人

 

リプロスキンは、赤ニキビ、クレーター肌になっている人向けの、ブースター化粧水です。

 

定期購入は、初回の値段が半額以下とかなり安く購入できるのが嬉しい所。

 

返金保証も「60日」と2か月間あるのが特徴で、定期購入後は、専属のスキンアドバイザーに肌の調子を相談するサービスもあります。

 

定期購入に不安がある人、安心して購入をしたい人にはお勧めの化粧水です。

 

 

↓リプロスキンの限定キャンペーンサイトはこちら↓