アクレケア 成分

アクレケアの全成分を、どこよりも分かりやすく解説します!

 

クレーター肌、ニキビ跡に効果が高いと、今人気急上昇中の
美容液、それがアクレケアです。

 

実際に、@コスメの口コミでも、かなり高い評価を得ていますが、
毎日顔につけるものだけに、安全性って気になりませんか?

 

また、その高い効果の裏付けとして、押さえておきたいのがアクレケアに含まれる成分ですよね。

 

ですのでここでは、

 

・アクレケアに含まれる全成分はどんなものか??

 

・クレーター肌、凹凸肌、ニキビ肌に効く成分は何か?

 

・有害な成分は含まれていないのか??

 

この3点について解説していきたいと思います。

 

アクレケアの、購入で悩んでいる人や、成分を気にされる方は、ぜひ参考にして
くださいね^^

 

アクレケア含まれる全成分は??

 

アクレケアに含まれる全成分は以下になります。

 

ちなみに、全成分はアクレケアが包装されている箱の横にすべて記載してあります。

 

記載にも一応ルールがあって、薬事法により、成分の多い順に並んで記載がされ
ていますよ。

 

アルブチン、グリチルリチン酸2K、

 

【その他成分】
精製水、チューベロースポリサッカロイド液、水解卵殻膜、カムカムエキス
ヒアルロン酸Na-2、カモミラエキス-1、茶エキス-1、POE(10)メチルグルコシド
BG、キサンタンガム、1,2-ペンタンジオール 、濃グリセリン、ジカプリン酸
ネオペンチルグリコール、ジイソステアリン酸ポリグリセリル、POE(60)水添
ヒマシ油ヒドロキシエタンジホスホン酸液、水酸化Na、メチルパラベン、
無水エタノール

 

クレーター肌、凹凸肌、ニキビ肌に効く成分は何か?

 

次に、上記に書いた成分を1つ1つ解説していきます。

 

・どの成分が、どのような役割を果たしているか??

 

・危険な成分は入っていないのか??

 

チェックしてくださいね!!

 

アルブチン

 

1989年に厚労省が美白成分として承認した成分で、コケモモやリンゴンベリー、
サンタベリー、ウワウルシ、ナシなどから抽出することができます。

 

メラニンを除去する成分が含まれており、ニキビ、ニキビ跡の発生を防ぎます。

 

またシミやくすみを抑えル効果もあります。

 

 

グリチルリチン酸2K

 

グリチルリチン酸2Kは漢方でもよく使用される、甘草の根っこから抽出される
成分です。

 

とても強い、抗炎症作用を持っており、赤く腫れ上がったニキビに効果を発揮する成分で、化粧品などにも多く含まれています。

 

 

精製水

 

色々な薬や、成分を溶かす水の事です。

 

 

チューベロースポリサッカロイド液

 

月下香の花びらからとれる水溶性多糖エキスです。

 

非常に保湿力に優れており、ヒアルロン酸の約10倍の保湿力があります。

 

アクレケアにはこの月下香エキスがふんだんに含まれており、おるおいベールで
デコボコ肌を目立たなくしてくれます。

 

 

水解卵殻膜

 

鶏卵の殻と白身の間にある淡黄色~褐色の水溶性粉末です。

 

厚さはわずか、0.07mm!赤ちゃんの肌に多く含まれる成分でツルツルたまご肌を
実現します。

 

 

カムカムエキス

 

あの「カムカム」から抽出したエキスです。

 

ビタミンCを1番多く含んでいる、食べ物で、天然美白成分として近年重宝されて
います。

 

皮脂バランスを整え、ニキビなどの肌荒れを予防します。

 

 

ヒアルロン酸Na-2

 

ヒアルロン酸は肌の保湿に欠かせない成分です。

 

ちなみに、加齢とともにこのヒアルロン酸は、減少していってしまいます。
肌のバリア機能をサポートしてくれる役割があります。

 

 

カモミラエキス-1

 

キク科のカモミールの花から抽出したエキスです。

 

保湿と美白効果に優れており、デコボコ肌を目立たなくします。

 

 

茶エキス-1

 

緑茶に含まれるポリフェノールです。

 

ニキビで固くなった肌を柔らかくする役割があります。
また、カテキンや抗菌作用もあります。

 

 

POE(10)メチルグルコシドBG

 

トウモロコシ由来のグルコース(ブドウ糖)に水溶性高分子のポリエチレングリコール
を結合させて改質した、ほとんど無臭の無色~淡黄色の保湿剤です。

 

 

キサンタンガム

 

キサントモナス属の菌類を培養して得られる親水性の高分子多糖類で、
天然のガム質の増粘剤です。

 

保湿クリームや、保湿美容液によく配合されている成分です。

 

 

1,2-ペンタンジオール

 

防腐剤のパラベン(有害物質)を使用したくない化粧品会社などが使用を
している成分です。

 

安全性については全く問題なしで「スキンケア大学」という医師監修のブログでも安全性が謳われています。

 

>>>スキンケア大学の1,2-ペンタンジオールに関するページはこちら。

 

 

濃グリセリン

 

化粧品に多く含まれる成分で、保湿効果があります。

 

 

ジカプリン酸ネオ

 

主に日焼け止めや、夏向けメイクなどに含まれる成分です。
口紅やリップなどにも含まれています。

 

 

ペンチルグリコール

 

主に日焼け止めや、夏向けメイクなどに含まれる成分です。
口紅やリップなどにも含まれています。

 

 

メチルパラベン

 

微生物を殺すための殺菌作用のある防腐剤です。

 

同じ防腐剤のサリチル酸や安息香酸に比べてはるかに毒性が低く、肌刺激や過敏症も少ないとされており、安全性や配合のしやすさや優れた抗菌効果から、
化粧品用の防腐剤として非常に多くの製品に使用されています。

 

アクレケアには有害な成分は含まれていないのか??

 

ここまで、アクレケアに関するすべての成分をチェックしましたが、やっぱり
少し気になるのが、最後の成分「パラベン」ではないでしょうか??

 

パラベンと聞くと、

 

「有害な物質じゃないの??」

 

と思われる方もいるかもしれません。

 

アクレケアを紹介しているほとんどのサイトで、このパラベンという成分に
関してほとんど触れられずに、良い成分だけを紹介して商品を紹介して
いるんですよね。

 

しかし、このサイトではあえてパラベンの事を取り上げます!!

 

パラベンは安心??

 

 

結論から言うと、パラベンが配合されていても全く問題ありません。

理由は、ほとんどの有名な化粧品にはパラベンが含まれているからです。

 

例えば、POLAの「B.A パウダリィバームファンデーションM」です。

 

 

実はこのすごく有名な化粧品会社が出しているファンデーションでもパラベンが含まれて
いるんです。

 

下の画像が、POLAの「B.A パウダリィバームファンデーションM」の成分表です。

 

↓↓

 

全てのシリーズでパラベンが使われていることが分かります。

 

これだけ、有名な化粧品会社でも使われているという事は、安全だとわかり
ますし、POLA以外の大手の化粧品でも当たり前のようにパラベンは使用
されています。

 

また、有名な「スキンケア大学」や「化粧品成分オンライン」というサイトでも
安全性が謳われていますので、こちらも気になる人は確認してください!

 

>>>スキンケア大学のサイトはこちら

 

>>>化粧品成分オンラインはこちら

 

 

一番危ないのは、この情報を知らずに購入する事ではないでしょうか??

 

色々なサイトではあえて、危険な情報は書いていないのできちんと安全なパラベンが
含まれているという事も知っておくと、後々トラブルにもならないですよね^^

 

デコボコ肌を潤いベースで優しく包んできれいに!

アクレケアは1本4500円から送料無料で購入できます。


 

以上ここまで、アクレケアの全成分とその働きについて解説して
きました。

 

成分については、お肌を綺麗に整えるものがしっかりと配合されています。

 

また、肌に有害な成分は一斉含まれていないので、安心して使用が
できますね^^

 

アクレケアは、通常料金が8000円とちょっとお高めですが、定期購入なら
毎回お得な、44%オフの4500円でで購入することができます。

 

定期購入は、4回の回数縛りがありますが、それ以降はいつでも解約が
できるので安心です^^

 

あなたもニキビにサヨナラするためにも、アクレケアでニキビ対策初めて
見てはいかがですか??

 

 

↓↓アクレケア一番安く買うなら!↓↓